歯周病や虫歯の要因菌を死滅させる殺菌法が誕生!?

東北大大学院歯学研究科の研究チームが、「虫歯や歯周病などの原因菌をほとんど死滅させられるという新たな殺菌法を開発した」という記事を発見しました。

この研究により、医療機器の開発も平行して進められ、新たな素晴らしい治療法が2~3年以内に実用化できという見込みが高まってきているようです。

この研究チームは、4種類の口腔内細菌(虫歯菌や歯周病菌など)を過酸化水素(オキシドール)の水溶液に入れ、レーザー光を放射。

すると強い殺菌働きのある物質(活性酸素の一種)を発生し、その3分以内に99・99%以上の菌を死滅させたといいます。抜けた歯を補完するアイテムと言うと入れ歯が常識でありましたが、どうしても噛み具合にネックがあり、このところインプラントがメインになる傾向にあります。

「活性酸素」の一種にそんな殺菌有効性があるなんて知りませんでした。

治療が難しかった歯周病の奥深い病巣を殺菌することなどへの実用化が期待されます。
それに、これは人体への影響はないとみられています。

この研究チームは、過酸化水素水(オキシドール)とレーザー光を一緒に出す歯周病用の治療機器の開発を精密機械製造「リコー光学」などと、実施しているようです。

2011年度以降に臨床研究に入る予定のようです。

「虫歯に簡単になる人」と「歯周病に簡単になる人」とはよく用いられる言葉ですが、この研究結果によっては、「虫歯になり難い人」や「歯周病になり難い人」を簡単につくり出すことが出来るかもしれません。

気に掛かるのは「人体への影響」です。もし害があったとしたら困った事ですから・・・
この後のこの研究結果に期待ですね。

■自分自身の歯を使った歯科治療

抜歯した歯を使った歯科治療の研究が進行している。

近年では、抜歯した歯(親知らずなど)を凍結保存しておき、歯科治療時の歯冠修復に再活用するという研究が進行しているようです。審美歯科の役割は患者さんの心からの笑顔を取り戻すこと。過度な審美を追求することが美と笑顔をご提供することには繋がりません。あくまでも患者さんの個性にあった治療を実践します。

近年まで、いろいろなメーカーから素晴らしい歯科原料が研究・研究開発されてきましたが、やっぱり『天然歯』の強度・機能性・美しさなどの素晴らしさに勝るものはありません。

この治療というのは、歯を虫歯や事故などによって失くした場合に、親知らずの治療や歯列矯正で抜いた歯を保存しておいた歯を移植するというやり方です。

親知らずの治療や歯列矯正で抜歯した際に、その直後に特別な処理を施して歯根膜を保持し、移植した後も噛み応えが高い可能性で得ることができるようにするものです。

だけども問題もあるようです。

他の抜歯した歯の活用法を容易く解説すると、まず、虫歯の治療で削った部分の型を取ります。
その時から、保存していた歯がこれに合うようにコンピューターで形成します。

そのことを滅菌した後、歯科用接着剤で支える。以上の様な流れになります。

この治療やり方は、個人的にはどうかなと考えています。
わざわざ天然歯を使わなくても良いんじゃないかと・・・。

今までに5本の歯の治療実績があり、既に治療後2年以上経過した歯も、歯や歯肉に問題はなく元気な状況のようです。

現在の法律では、修復には自分自身の歯しか使用不可能ですが、将来、他人の歯を使う研究に関しても実施しているようです。

他人のはほとんど入れたくはありませんが。

歯の色味とは自然な状態で真っ白ということは無くて、人によっては差はありますが、ほとんどの歯の持つカラーは、イエローっぽかったりブラウンっぽく見えます。
自分の口臭の存在を自分の家族にきけない人は、大変多いと考えられます。その場合は、口臭の外来で相談して口臭の専門施術を受けることを推奨します。
医師によるインフォームド・コンセントは、今の病状をきちんと会得し、それを解消する治療の実行に、嫌がらずに挑戦しましょうという理論に従っています。
口腔内に矯正装置を装着し、一律の力を歯に連続的にかける事で人工的に正しい位置にずらし、正常ではない歯並びや噛み合わせなどを修正する手段が歯列矯正といわれる治療法です。
人間本来の噛み合わせは、ゆっくり食べ物を咀嚼する事で歯が摩耗して、個々の顎の骨の形や顎に適した、個性的な正確なな噛みあわせが作られます。

口中に口内炎のできる引き金は、ビタミンが不十分なことがそれの中のひとつなのは確実ですが、各種ビタミン類は気軽に飲めるサプリメントや、薬局でも手に入る医薬品の服用薬などとして広く市販されています。
歯科衛生士が在宅での医療において期待されるのは、まず先に患者の口腔内を清潔にすることです。患者の口腔内が汚い状態のままだと、菌が増殖しているカスをそのまま飲み込むかもしれません。
何かを噛むと痛覚が刺激される入れ歯、はまっていない入れ歯は、そのことが理由で十二分に咀嚼できずに丸ごと嚥下してしまう場合が、増加していると報告されています。
気になる口臭を和らげる効能のあるドリンクとして、有名なのがコーヒーですが、多量に飲みすぎるとなぜか口の中が乾燥してしまい、逆に嫌な口臭の要因となりうるものです。
口の開け閉めで生じる筋肉の緊張を和らげ、歪んだ顎関節の内側を正常化する動きを取り入れたり、顎関節の動き方をより自然にする医学的なトレーニングを行います。

歯の噛みあわせのトラブルのなかでもことさら前歯がよく当たってしまう場合だと、歯を噛み合わせるたびに強い刺激が、上の顎骨の前の方や鼻の骨に加わってしまいます。
エムドゲイン薬を歯周外科の処置中に患部に塗れば、最初に歯が生えてきたような具合と近い、強固に定着する歯周再生を促すことが実現します。
カリソルブという医薬品は、簡単に説明すれば「科学の力で虫歯になっている所だけを溶かす作用のあるお薬」です。それを使っても、むし歯ではない部分の歯には全く影響のない安全な治療薬です。
PMTCで、ベーシックな歯ブラシでの歯みがきでは完全に落とせない色素の定着や、歯石とは違う付着物、ヤニなどを丁寧に除去します。
審美においても仮歯は欠かせない仕事をしています。目と目の間をつなぐ直線と前歯の端が平行に走っていないと、まるで顔全体が不均衡なイメージを受けます。