3DS:虫歯菌除去 

細菌(主にミュータンス菌)が感染するとムシ歯になります。そのムシ歯菌が一度でも口内に発生すると、取り除く事は難しいでしょう。

そしてその事が、ムシ歯の発生、再発と移行し、あなたを悩ませる事になってしまいます。


デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム(Dental Drug Delivery System)は 3DSと略されます。

PMT確実に行い、その後、しっかりと患者さんに合った専用トレイを用いて、歯の表面へある程度の時間を置いて薬剤を浸透させ、効果を有効に引き出すやり方です。
※おすすめはクリーニング時に、並行して3DSを行うことです。素晴らしい効果が期待できます。

さて、原因菌であるミュータンス菌は歯の表面にのみ付着でき、実際、歯がまだ生えていない赤ちゃんの口内には存在しません。

また、舌や歯肉にも付着することはありません。

ミュータンス菌だけの減少に対しては、歯の表面にだけ薬剤を塗布する事で可能となります。

ところが、バイオフィルムの内側でミュータンス菌が増え続け、このバイオフィルムは一度張り付いてしまうと、毎日のブラッシングで取り除くのは難しく、この状態のままでいると、薬剤が浸透しないために効果が発揮できず、毎日ケアしていてもムシ歯ができる、という不可解な現実を見せられることになります。

また、このままの場合、投与された薬剤は口腔内で唾液により薄められ、除去されてしまうのです。

その場合、PMTC等でバイオフィルムを強力に除去し、専用トレイで歯の表面に高濃度の薬液をある程度の時間を置いて薬剤を浸透させ、ミュータンス菌を減少させるよう働きかけます。

そうすると、唾液に薄められずに、間違いなくちゃんとフッ化物、抗菌剤等の薬剤を患部に浸透させられ、これがの方法を使うと、相当の予防が期待されます。

しかし、ミュータンス菌だけでなく、他にもムシ歯の原因菌が存在するので、この処置だけでそのごムシ歯の心配がなくなったというわけではないのです。

ただ、万が一ムシ歯になったとしても、その後は大きな穴の開くようなムシ歯にはなりません。
その上、3DSのおかげで口内の除菌状態が保たれ、口臭も減少するという利点もあります。

普段の歯磨きをしっかりしていれば、この3DSのおかげでムシ歯菌の除菌状態が、通常は4~6ヶ月ほど保たれるようです。

上の歯と下の歯の噛み合わせの障害は、口の開閉で痛みが生じる顎関節症のきっかけのひとつではあると考えられるものの、まだ他に違う病根が確かにあるはずだと認識されるように変わってきたそうです。
なくした歯を補う入歯の抜き出しがやれるというのは、月日を重ねるにつれて変化していく口腔内や顎関節の診断結果に見合った形で、整えることが簡単だということです。
自分の口臭の存在を自分の家族にすらきくことのできない人は、とても多いと想像されます。その場合は、口臭予防の外来で口臭専門の処置を行う事をお薦めします。
口の開閉が原因の筋肉の緊張を和らげ、ひずんだ顎関節内を正常化する運動を実践したり、顎関節の動作をより改善するトレーニングをしてみましょう。
ドライマウスに多く見られる愁訴は、口の中が乾く、ノドが乾くという事が大半です。深刻な場合だと、痛み等の症状が現れてしまうこともあるのです。

親知らずを取り払う時には、強烈な痛みを回避できないので、麻酔を使用しない手術を断行するというのは、患者さんにとっては相当な負荷になると予想されます。
口の臭いを和らげる働きのある飲物に、コーヒーがありますが、あまりにも飲み過ぎると口の中がパサパサに乾燥し、ともすれば口の臭いの要因となるそうです。
長期間、歯を使っていると、歯の表層であるエナメル質は密かに摩耗して脆くなってしまうので、中に在る象牙質の持つ色味がだんだん透けるのです。
歯に固着してしまう歯石は、プラークとは違い硬質なので、歯ブラシでの歯磨きで取り去るのが難儀になるばかりか、そこが細菌の好きな家となり、歯周病を誘発するのです。
先に口内に矯正装置をセットして、歯に一律の力をずっとかけることで人工的に動かして、問題のある噛み合わせや歯並びを治す方法が歯列矯正と呼ばれる治療法です。

上下の歯の噛み合わせの相談のなかでも特に前歯が何度も衝突するような状況では、食べる度に力が、上顎骨の前や鼻の骨に直接かかってきます。
歯が美しくなるのをメインの目的にしているので、噛みあわせの確認などを手抜きしていた状況が、かなり多く耳に入るとのことです。
いまでは幅広く愛用される事になった、キシリトールがウリのガムの性質によるむし歯予防策も、そのような研究開発の成果から、誕生したと言及できるのです。
インフォームド・コンセントの採用は、今の病気の状態を詳しく会得し、それを改善する施術に、意欲的に挑戦しましょうという想いに準拠するものです。
自分でさえも自覚症状がない間に、歯にヒビ割れができていると言ったことも想定されるので、ホワイトニングを実施する前は、納得いくまで診てもらう事です。